高齢化社会の影響

看護師のニーズが急拡大する中において、職場での苦労が多くなっているのは事実です。近年では、周囲からの懸念視する声があがっています。そもそも医療現場が混乱をきたしているのは、高齢化社会の影響があることを念頭におく必要があるようです。
医師や看護師・薬剤師といった医療従事者不足の問題が顕在化してきており、大きくクローズアップされるようになってきました。むろん、この問題は医療機関単体で解決できるような問題ではありません。国家全体で取り組むべき課題であるという点では、一致しています。厚生労働省をはじめ、関連省庁では速やかに対峙すべき課題として取り上げられているようです。ありとあらゆるジャンルにおいて、ネットワークサービスの恩恵がもたらされている現代社会です。しかし、この高齢化の問題については、解決策を見いだすことは難しいと言わざるを得ません。このような中、病院やクリニックといった医療機関において、厳しい人手不足が続いています。特に、入院施設があるような比較的規模の大きい医療機関では、看護師の確保に四苦八苦しているのです。夜勤はもとより日勤者も不足がちなところが多く、危機的な状況ともいわれています。
各医療機関においては国や自治体のサポートに頼ることなく、独自に人材確保に向けた動きを見せているところもあり、話題を呼んでいます。具体的には、若い世代にこだわらずシニアを採用したり、外国人を登用したりなどといった動きです。目が離せない状況が続きます。

コメントを残す